FC2ブログ

憑依ゲーム STAGE.0

長くはないけど短編でもない話を書いていこうかと
更新速度は極遅になると思います






 目を覚ますと、私は見知らぬ部屋にいた。
 中央にはダブルサイズの大きなベッドと、その枕元にはテレビが一台置いてある。
 あたりは薄暗く、常夜灯のような弱々しい色付きの明かりだけが室内をぼんやりと照らしていた。

続きを読む»

スポンサーサイト
[PR]

[PR]